埼玉県の上尾、桶川、鴻巣、北本、伊奈、蓮田、久喜、春日部、川越、白岡エリアの外壁塗装、屋根塗装、防水塗装をするならブロイへ!

24時間対応!年中無休!0120-79-2363
外壁の種類
外壁材って何があるの?

外壁材にはいくつか種類があります。

モルタル外壁 サイディングボード ACL外壁 木製外壁


モルタル外壁

ジョリパット

ザラザラ感のある塗壁。塗料を吸込む。
「デザイン性と耐久性に優れた塗り壁」
クラックが出やすいが、縦方向の接合部分について特に丁寧に施工すれば、問題ありません。

吹き付けタイル

表面は大きな凸凹がなくツルツルしている。

クラックがでやすいので、そこからの漏水などを考え7年~10年毎に定期的なメンテナンスが必要になります。

リシン吹き付け

砂壁状の外壁です。
塗料を吸込む。

土壁の様な雰囲気があるので、和風建築の建物に多く利用される。

耐久性は7年程です。

スタッコ

表面が粗く凸凹がな多い。
和風の建物にもなじみやすく、自在で個性的な表現ができ、立体感や重厚感が得られるが、こまめなメンテナンスが必要。耐火性、躯体保護性がメリットです。

メリット

デザインの自由性があり意匠性に優れていて質感が良く味わえ、繋ぎ目がなく金属の外壁材のように熱くなりません。

デメリット

ヒビ割れが発生しやすく防水性能が比較的低く汚れが目立ちやすい。

サイディングボード

サイディングといっても、さまざまな種類があります。
・アルミサイディング
(例えば「ガルバリウム鋼板」が、耐久性、耐候性、コストパフォーマンスが良い)
・スチールサイディング
(軽量で、施工性に優れています。)
・窯業系サイディング
(耐火性、断熱性、施工性に優れています)

塗装の塗り替えの場合は、窯業系サイディングがほとんどを占めます。

サイディングボードとボードのつなぎ目「目地」にはゴム状のシーリング材であるコーキングが埋め込まれています。
このシーリングも劣化して痛みが出ますので、コーキングの打ち直しが必要です。

サイディングの外壁は、表面の塗膜が落ちてしまうと、とても水を吸いやすい材質でできているため、表面がしっかり塗膜でコーティングしてあるかどうかを定期的に点検しないといけません。
塗膜が剥がれた後のサイディングの水分吸収率はモルタルの数倍あり、水を吸ってしまうと、そのサイディングは張り替えないといけなくなってしまいます。

メリット

耐火性・耐久性に優れていて、工場生産のため品質が安定している。タイル調、石 張り調、木目調等のバリエーションが豊富で扱いやすく施工しやすい

デメリット

熱を吸収しやすく塗膜がなくなると水を吸収しシーリングの劣化も発生します。

アルミ・スチール・窯業系サイディングはこんなにも多種多様(上記は一例)

ACL外壁(Autoclaved Lightweight Concrete)

(高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート)の意味の建材で、板状に成型したものを「ALCパネル」と呼びます。
断熱性、耐火性に優れ、主に鉄骨造の壁材・床材・天井材等に使用されています。
モルタル壁の様な仕上がり感となりますが、ALCパネル目地がジョイント部分に見える形状でモルタル壁より、軽量で断熱性も高い。

メリット

軽量な外壁材で断熱性・耐火性・遮音性・調湿に優れている。

デメリット

吸水性が高く防水性がないので、防水処置が不可欠!!塗装の際は防水性の高い下地処理が必須です。

CLボードは取り付けた後現場で塗装を行います。(上記は一例)

木製外壁

板張りという自然素材の持つ「温かみ」や「風合い」が好まれて最近増えています。
オスモカラー等の専用塗料を利用すれば、色合いを自由に変えられます。
木材の場合、すぐに腐ってしまわないかと心配もあるかと思いますが、浸透性の保護剤などを使えば問題ありません。

メリット

安くて自然素材だけが持つ「味」を堪能できデザイン性が高い。表面の仕上げには、特殊な保護剤と浸透性の高い性能の木材保護塗料を塗って仕上げるので、雨風等の外的刺激にも強い壁へと仕上げる事が出来ます。

デメリット

メンテナンスがおおよそ5年に1回。

板張りはイメージや風合いが塗装次第で!!(上記は一例)

外壁材はお好みで
塗装によって変幻自在
ご提案もブロイにお任せください!!



自動参考お見積り
お名前 メール
TEL 坪数
簡単10秒3ステップ 施工箇所 外壁塗装
外壁屋根塗装